ちばアクアマラソンについて

 千葉県議会の2月定例会は、2月15日に開会し、ほぼ1ヵ月間の日程で開催されています。
2月議会は例年、新年度の当初予算案の審議が主な議題ですが、平成30年度千葉県の一般会計当初予算案は、総額で1兆7288億8100円と、前年度と比べて0・2%の増加予算が提案されています。

 本会議場でのわが党の代表質問や一般質問はすでに2月末までに終りましたが、これから予算委員会や各常任委員会も開かれます。引き続き活発に議論してまいります。

 今回の私の県政報告は、ちばアクアラインマラソン2018大会についてお知らせします。
大会は、今年10月21日(日)、東京湾アクアラインを舞台に行われます。ロゴは「海を走ろう~アクララインの風にのって~」と爽やかな印象を与えています。

 42・195キロのマラソンは、定員1万2千人、ハーフマラソンと車いすハーフマラソンは、両種目合わせて定員5千人です。コースは、木更津市の潮浜公園から海ほたるまでを往復し、三井アウトレットパーク、袖ヶ浦市役所、木更津市清見台などを経由して、旧木更津市役所でフィニッシュとなります。
参加申し込みは、一般枠では今年4月13日から5月8日まで、インターネットによる申し込みに限定されます。定員を超える場合は、抽選になります。

 今年のアクアマラソンの特徴は、新たに「団体戦」が設けられ、複数名のグループエントリーを採用し、参加チームごとにタイムを競います。また、「チーバくんマラソン特訓アプリ」という、日常的なトレーニングを楽しく継続できるスマートフォン専用のアプリが開発されました。他にも完走賞のメダル贈呈や記録証が発行されたりします。

 私は、ちばアクアラインマラソン実行委員会の委員の一人になっていますので、ぜひ、たくさんの皆様に参加していただきたいと思います。詳しくは千葉県のホームページから検索してください。