アクアライン料金800円継続へ

 2月定例県議会は、2月19日から3月19日までの会期1ヵ月間の予定で開かれることになります。(正式には、議会運営委員会で決定されます)2月議会は、千葉県の新年度当初予算案を審議する重要な議会ですので、自民党千葉県連幹事長として、いつにも増して心して臨むつもりです。

 さる1月18日には党本部で全国幹事長会議が開かれ、私も出席いたしました。安倍首相は「今年は何といっても経済最優先で取り組む」とあいさつし、アベノミクスにかける強い決意を語っていました。そして「景気回復の実感を全国津々浦々の皆さんに手に取ってもらえるよう全力を尽くします」などと発言し、総理大臣として、実質2年目に臨む安倍首相の強い意気込みが感じられました。

 ところで、昨年末のことになりますが、東京湾アクアラインの通行料金について、国は現行の普通車で800円を今年4月以降も継続することを発表しました。しかも、料金引き下げの社会実験実施に当たって、千葉県がこれまで負担してきた年間15億円が、3分の1の5億円に軽減されたことも、千葉県にとっては大変大きな出来事でした。

 この背景には、アクアラインの交通量が、800円に引き下げられる前と比べて約5割増加していること、国の高速道路料金に関する基本方針の変更で、「整備重視」から「利用重視」の料金に変更されことなどが挙げられます。

 しかし、何といっても森田知事や我々県議会、経済団体など千葉県側からの強い要望があったことは見逃せず、森田知事も「県民が国を動かした」と言うように、県民世論が実を結んだ結果だといえます。