新年度予算案の審議が始まります

 平成27年2月定例県議会が、2月13日に招集される予定です。わが党の代表質問は、2月19日午前10時からの予定です。県議会に関心のある方は、千葉テレビ放送で中継されますので、ご覧いただきたいと思います。

 また、県議会が国会や市議会と比べて、とかく一般県民から縁遠い存在と思われ勝ちのようですので、「開かれた県議会」を実現するため、千葉県議会のホームページを開けば、「インターネット中継」でライブで見ることもできます。さらに後日、録画で見ることも可能ですので、どうぞ、県議会の質疑の模様をチェックしてみてください。

 私の今月の県政報告は、平成27年度の県予算案の概要についてご説明します。1月30日に森田知事から新年度予算案の説明がありました。一般会計当初予算案の総額は、1兆7095億円余りで、前年度の当初予算と比べて5・9%の増加となり、予算規模では過去最大とされています。

 これは、安倍政権の進める経済政策・アベノミクスが着実に成果を挙げ、企業業績が回復基調にあることから、法人事業税・法人県民税の法人2税が大幅に税収増になることが見込まれているためです。また昨年、消費税率が改訂され消費税の増収分と合わせて、県税収入が719億円も大幅に増加することを見込んだ予算編成が行われたからです。

 新年度予算案については、新聞各紙を見てもさまざまに評価されているようです。2月定例会は、予算議会ともいわれ、新年度予算案の審議が中心議題となります。また、本年度の補正予算案も上程され、年4回招集される県議会の中でも最も中身の濃い議会といわれていますので、どうぞ、テレビもしくはインターネットで審議の内容をご覧いただきたいと思います。

県政報告バックナンバー